自転車をモチーフとしたゲーム

自転車をモチーフとしたゲームについて 自転車をモチーフとしたゲームは昔からあります。一番古いものであれば、ファミコンのゲーム「サイクルレース ロードマン」などが有名です。画面上の自転車選手をコントローラーで操作してレースを進めていくこのゲームは、まさに現代の自転車レースゲームの原点であり、ここから様々な形の自転車ゲームへと変容していきました。 今や様々なハードウェアで自転車ゲームが遊べる時代 今や家庭用ゲーム機はもちろん、スマホでも自転車ゲームが遊べる時代です。基本となる仕組みは変わらないものの、グラフィックの精度や細かなエフェクト、ギミックなどは、時代を経て技術が進歩しています。今ではスマホの自転車ゲームでさえも、ひと昔前の家庭用据置ゲーム機と同等もしくはそれ以上のクオリティで遊べます。 オンラインカジノゲームでも自転車ゲームが楽しめる時代 さらに、https://luckynikicasino.com/に代表されるようなオンラインカジノゲームでも自転車ゲームを楽しむことができます。例えば「ペダル・パワー」というスロットゲームですが、自転車レースをモチーフとしています。自転車好き、なおかつオンラインカジノも楽しんでいるという方にとっては、ぜひとも遊んでみたい一台ではないでしょうか。 最後に これからも自転車をモチーフとしたゲームはどんどんリリースされそうです。自転車やサイクリングが好きな方であれば、きっと自転車ゲームも楽しめるはずです。まずは手軽に楽しめるスマホゲームから始めてみてはいかがでしょうか。

 Continue reading

自転車を買うときに気をつけること

初めて本格的な自転車を買おうと自転車ショップにいったものの、ラインナップが多すぎて、あるいは専門用語が難解で何を買えばいいのかわからないという経験をしたことがある人は多いと思います。そこでこの記事では、自転車を買うときにぜひ気を付けておきたいポイントをまとめました。 どんな道を走るか 最も考慮すべき点は、どのような道を走るか、ということです。舗装された公道を走るならロードバイクが最適ですが、荒れ地や砂利道を走るのであればロードバイクではなく、クロスバイクやマウンテンバイクがより適しています。このように、自分が走る道の地形や特徴を考慮したうえで、購入する自転車のタイプを選ぶ必要があります。 どれくらいの距離を走るか 次に大事なのがその道をどれくらいの距離走るか、ということです。同じ道でも10km走るのか、100km走るのかではだいぶ話が違ってきます。例えば、同じ舗装された公道でも、短距離の走行であればクロスバイクでも十分ですが、100kmレベルとなるとクロスバイクでは心もとなくなります。 その他 フレームがアルミなのかスチールなのか、値段はどれくらいか、ディレイラーのメーカーは何か、デザインやカラーバリエーションはどのようになっているかなど、ほかにも多くのポイントがあります。検討を重ねて、あなたにとってのベストな一台を見つけてください。

 Continue reading

一泊で遠出してみよう

自宅から自転車でサクっと日帰りサイクリングをするのは楽しいですよね。しかし、日帰りではなく泊まりでサイクリングに行ってみるのもまた楽しいものです。もちろんママチャリなどでは難しいですが、ロードバイクであれば一日あたり50~100kmの走行を余裕で行うことができます。 この記事では、泊まりでサイクリングを楽しみたい人向けに、おすすめの方法をいくつかご紹介します。 自宅から自転車でスタートする 自宅から自転車で旅をスタートすることは一番ポピュラーな手段です。もちろん、キャンプなどアウトドアで宿泊を予定しているなら、テントなどのアウトドアグッズも一緒に持っていくことが必要となります。車体の横やリアにグッズを括り付けて行きましょう。 車で自転車ごと運んでしまう 大荷物を持っていきたいのであれば、車で移動し、自転車ごと運ぶのもいい手段といえます。今では軽自動車でも後部に広いラゲッジスペースを持っている車種が多く、自転車を2, 3台運ぶことは簡単にできます。目的地にあるサイクリングスポットまでの距離が遠いときには、ぜひ車で目的地まで自転車を運んでみましょう。 現地で自転車レンタルサービスを使ってレンタルする 自分の自転車を持っていないとしてもサイクリングを楽しむことができます。滞在先でレンタル自転車を貸し出していることも多く、手ぶらで現地に行ったとしてもサイクリングができます。滞在場所やその付近でレンタル自転車のサービスがあるかどうか、調べてみるといいでしょう。

 Continue reading

海外メーカーの自転車と代理店の役割

海外メーカーの自転車に気軽に乗れる日本 日本は自転車の普及率が高く、ロードサイクルなど趣味性の高い自転車も多く町中を走っています。そのため海外メーカーも多く日本市場に参入してきており、台湾のGIANT(ジャイアント)、イタリアのBianchi(ビアンキ)、アメリカのTREK(トレック)などが有名所です。代理店が国内でのアフターケアを担っているので、海外メーカー製の自転車でも安心して買うことができます。 代理店の役割 海外メーカの代理店、自転車に限らず輸入品には代理店はつきものですが、自転車の場合はどのような役割を果たしているのでしょうか。多岐にわたりますが大きく3つが挙げられます。 自転車販売店への営業活動の代行‥販売店の開拓は国内メーカーでも大変ですから、海外メーカからすればなおさらです、現地企業に売り込みを任せることで製品づくりに集中できます。 顧客の要望や、規制対応の必要性などをメーカーに伝える‥製品の売れ行きは営業力と共に商品が魅力的かが重要です。代理店はメーカーに対して改善を要求し、改善されることで販売の拡大を実現します。 保守方法の周知や補修部品の調達購入後のサポート‥自転車の基本的な保守は販売店で対応できますが、製品固有の修理方法や補修部品の購入にはメーカーの対応が必要となります。しかし、海外メーカーは物理的にも言語的にも遠い場合があるので、メーカーに代わって代理店が対応することが多いです。 国際化の進展で代理店は国内価格アップの元凶とされることも多いですが、代理店のおかげで良い製品が買える点については敬意を払いましょう。

 Continue reading

自転車関連のイベント

自転車関連のイベントに参加することをおすすめします。 自転車を趣味にしているのであれば、定期的に(あるいは不定期に)開催される自転車関連のイベントに参加されることをおすすめします。この手のイベントは全国津々浦々で開催されているので、きっとあなたの地元でも何かしらのイベントが見つかるはずです。こちらでは、自転車関連のイベントについて簡単に纏めています。ご覧ください。 競技大会 ロードレースからヒルクライム、耐久まで、ありとあらゆるジャンルのレースが毎週のように開催されています。プロ、アマ問わず、誰でも気軽に参加できる競技大会が多数開催されています。まだチャレンジしたことがない方は、これを機会にぜひ大会にエントリーし、チャレンジしてみましょう。 サイクリングツアー 旅行会社が旅行パッケージとして売り出しているサイクリングツアーもおすすめです。サイクリングはもちろん、地元の美味しい食事や温泉宿などがセットになったお得な旅行プランとなっており、自転車乗りにとっては非常に魅力的なイベントです。国内のみならず、海外旅行のパッケージもご用意しています。時間とお金に余裕がある方は、一度チャレンジしてもいいかもしれません。 最新アイテムや自転車の展示会 首都圏や地方都市など、場所は限られますが、自転車やアイテムの展示会に足を運ぶこともおすすめです。各メーカーがイチオシの最新アイテムを展示する一大イベントであり、どこよりも早く最新製品の情報をゲットできるチャンスです。実際に肌で体験してみるとよいでしょう。

 Continue reading

自転車の種類

自転車といってもその種類は様々あり、あらゆるニーズに対応した自転車が現在では利用可能です。この記事では、メジャーな自転車の種類について解説しています。 ママチャリ ママチャリは最もポピュラーな自転車です。素材は安価なスチール製であり、安いものだとホームセンターなどで一万円以下で購入することができます。自転車と聞くと、ほとんどの人はママチャリをイメージするのではないでしょうか。買い物や近距離の通勤通学など、日常の身近なシーンで活躍します。 マウンテンバイク マウンテンバイクはその名が示す通り、山道や砂利道などの不整地を走行することに特化した自転車です。普通の自転車よりも剛性が高く、タイヤ幅も厚めに設計されており、地面からのダメージに強いデザインになっています。 クロスバイク クロスバイクは、マウンテンバイクとロードバイクのいいとこどりをした自転車です。マウンテンバイクの耐久性と、ロードバイクのスピード感を両立しており、新しいジャンルの自転車として地位を確立しています。ロードバイクと比較して価格が安いため、ロードバイクデビューをする前に購入する人も一定数います。 ロードバイク ロードバイクは整地での速さを追求した自転車であり、自転車を構成するあらゆるパーツが速さを出すために設計されています。価格も自転車の中ではかなり高く、プロや自転車愛好家が好んで利用することが多いです。

 Continue reading

おすすめサイクリングスポット

この記事では、ぜひ行ってみたいおすすめのサイクリングスポットを3つ紹介します。 山中湖 山中湖は、山梨県にある湖であり、雄大な富士山を近くから眺めることができる有名リゾート地です。この山中湖の周辺はサイクリングコースになっており、趣味でサイクリングを楽しむ人、自転車トレーニングをする体育会系の大学生集団など、いろいろな人が自転車を楽しんでいます。サイクリスト向けの施設や、美味しそうなレストランも充実しており、自転車に乗る人であれば一度は行ってみたい場所です。山中湖が2020年東京オリンピックの自転車競技会場になったこともあり、今後も人気は高まっていくと予想されます。 千葉、九十九里 千葉の九十九里浜は、外房エリアにある長い海岸線で、海沿いの道路はサイクリングコースとして有名です。雄大な日本海の景色を眺め、潮風を肌に感じながらのサイクリングは最高の体験であり、シーズンになると多くのサイクリストがここを訪れに来ます。JR総武本線で行われているB.B.baseという電車を利用すれば、自転車を電車に乗り入れて現地まで行くこともできるので、近くに住んでいない人、車を持っていない人でも房総サイクリングを楽しむことができます。 都内の公園 都内には、駒沢公園や砧公園など、サイクリングコースを併設した大型の公園がたくさんあります。時間やお金に余裕がなく、遠出するのが難しい人でも、このようなサイクリングコースなら気軽に出向いてサイクリングを楽しむことができます。

 Continue reading

東京のおすすめサイクリングコース

東京は人口密集地であり、そのため交通量の多い首都圏でサイクリングをするには場所を選ぶ必要があります。そこでこの記事では、都心でおすすめできるイチオシサイクリングコースをいくつかご紹介します。 多摩川の河川敷 東京都と神奈川県を隔てる多摩川の河川敷は、サイクリストにおすすめできる有名コースです。コースは長い一本道であり、武蔵小杉や二子玉川など、周辺のビル群を眺めながら快適にサイクリングをすることができます。 荒川の河川敷 東京都と埼玉県を隔てる荒川の河川敷にもサイクリングコースが整備されています。多摩川のサイクリングコースと比較すると道幅が広いため、ランナーや対向車との衝突の心配も少なく快適に走行できます。とはいっても、スピードを出して走行することは禁止されていますので、あくまでも安全運転が第一です。 皇居外周コース 東京のど真ん中にある皇居の外周コースも、サイクリスト御用達のコースです。一周五キロとわかりやすく、トレーニングにも最適です。ランナーや通行人も多いので、接触にはくれぐれも注意しながら走行しましょう。皇居周辺にはカフェなどのレストランも充実しているので、休憩で利用することもできます。 五街道 都心の真ん中である日本橋と地方都市を結ぶ有名な国道、五街道もサイクリングコースとしておすすめできます。道幅が広く、また分岐がほとんどないまっすぐな道なので、観光を兼ねたサイクリングにはぴったりであるといえます。日本橋をスタート地点にしてみるのもいいかも?

 Continue reading