ブックメーカー(Sports Bet)とは

sports betting

ブックメーカーとは簡単に言うと、ヨーロッパなどの海外に拠点を置く政府公認の賭けの胴元のことです。

主にスポーツの競技の勝敗を予想して、お客に対してオッズを提示し、お客の投票を募って、その結果によって勝者に掛け率に応じて配当するものです。

英国を中心とした欧州やアメリカ、カナダ、シンガポール、オーストラリアなどではブックメーカーはとてもメジャーで、株式上場している大企業が政府の事業許可を受けて行っているところもあるくらいなのです。

怖いところが運営し、お金がちゃんともらえるのかという心配をされる方が多いかもしれませんが、ご安心下さい。

イギリス大手ブックメーカーはテニスの豪オープンのオフィシャルベッティングパートナーでもあります。

日本で例えるなら、日本中央競馬会のような国が認めた公営の賭けごとになります。

競馬と同じと考えると一気に安心感が出るのではないでしょうか。

日本ではまだまだ聞きなれないかもしれませんが、世界的にみてもブックメーカーは安全に行われていると言っても良いでしょう。

【ブックメーカーの賭けの対象って?

ブックメーカーの賭けは世界中の様々なスポーツが対象となっています

サッカー

欧州各国をはじめ、世界中の主なリーグ、カップ戦が対象となっています。

更に多くのブックメーカーがJリーグも扱っており、ワールドカップ・コンフェデ杯・チャンピオンズリーグ・アジアカップなど国際大会ももちろん扱っています。

テニス

全豪オープン。全仏オープン・ウィンブルドン・全米オープン4大会などの世界中の大会が対象となっています。

バスケットボール

NBAをはじめ、欧州各国のリーグが対象となっています。

アメフト

アメフトはブックメーカー業界の中で、最も賭けている人口が多い競技の1つとなり、NFLのシーズン中は大量のオッズが用意されます。

野球

MLBがメインですが、韓国や日本のプロ野球のオッズを扱っているメーカーもあります。

ゴルフ

全米・全英オープンなどの4大大会などの海外の大会が対象となっており、ブックメーカーの中でも特に人気のあるスポーツとなります。

その他にも、アイスホッケー・バレーボール・ハンドボール・ラグビー・ボクシングなど、様々なスポーツが対象となっています。

誰もが1度は見たことがあり、触れたことのあるスポーツばかりが対象となっていますので、安心感もグッと上がるのではないでしょうか。

ちなみにスポーツ以外にも

・次の大統領は誰が選ばれるのか

・イギリス王室のプリンセスの名前は

など様々な事象も対象となっています。

日本のテレビなどでも、ブックメーカーのオッズはたびたび紹介されていますので、私たちの身に近い存在でもあるのです!

ブックメーカー (Sports Bet) はライセンスを取得している?

ブックメーカーはライセンスが無ければ運営できませんので、ご安心ください。

その国の政府が第三者機関を通し、厳しい審査があり、ライセンスを発行しています。

ライセンス発行と聞くと安心してブックメーカーを利用することができるのではないでしょうか。

ブックメーカー (Sports Bet) の始め方はどうしたらいいの?

ブックメーカーがなんとなく分かってきたら、あとは始めるのみ!

ブックメーカーの始め方をご紹介いたします。

1.ブックメーカーのアカウントを作る

あなた専用のブックメーカーのアカウントを作る所から始まります。

パソコンでもスマホでも簡単にアカウントを作ることが可能です。

2.ブックメーカーへの入金手段を選ぶ

ブックメーカーには様々な入金手段がありますが大きく分けて以下の3つがあります。

・イーウォレットと呼ばれるネットバンクを使っての入金

・クレジットカードやデビットカードでの入金

・仮想通貨を使っての入金

3.ブックメーカーに入金する

ブックメーカーの入金手段について理解した後は実際にブックメーカーに入金してみましょう!

入金方法はブックメーカーによって異なりますので、登録したブックメーカーの入金方法は事前に確認しておくことをオススメいたします。

4.ブックメーカーで賭ける

ブックメーカーに入金が完了したら実際に様々なスポーツなどで賭けを楽しみましょう。

5.勝ったお金を引き出す

ブックメーカーで見事勝利をしたらあとは勝利したお金を引き出すだけ!

まとめ

ブックメーカーについてご紹介しましたが、代表的なスポーツばかりが対象になっていることが分かっていただけたかと思います。

好きなチームを応援するのと同時にブックメーカーで賭けてみると2倍スポーツ観戦が楽しめるかもしれません!

まだ始めていない人は是非ブックメーカーを始めてみてはいかがでしょうか!

最近の投稿

ゆるポタ担当の初心者ヒルクライムチャレンジ!第4回榛名山ヒルクライム in高崎

こんにちは!ポタガールのEIKOです。今回は、さおりんや橋本さんと一緒に5月22日に群馬県高崎市で開催された第4回榛名山ヒルクライム(通称ハルヒル)に出場してきました。私は初参加ということで初心者目線でお届けします。 私が参加したのは、榛名湖までの総距離約16キロ、平均斜度6%の坂道を登っていくレース。普段はゆるゆるポタリングが担当ですが、お試しするのが好きで無謀にも時々レースにチャレンジしています。タイムより完走が目標なのでのんびりと行きたいのですが、ヒルクライムは「山」。練習しないと登れません。。。昨年、富士山を登るMt富士ヒルクライム(通称富士ヒル)を完走できたので、今回も「どうにかなるかなぁ?」と思っていました。開催1か月前にヒルクライムやレースが得意なさおりんに「榛名山ってまだ一回も走ったことがないけれど何を練習すればいいの?」と聞いたら、「それはまずいよ、試走しておかないと!転ぶし倒れるから!ホントに!!」と。ハルヒルは富士ヒルより急な斜度の区間がありきついとのこと。。。開催1か月を切って初めて知る事実・・・。さおりんに助けを求め、試走にも連れていってもらい、なんとか上までは登れました。 試走はクロスバイクでした。 そして、ハルヒル前日を迎えました。仕事だったので、新幹線でJR高崎駅に着いたのは20時過ぎ。 レースは早朝7時スタートなので前泊が必要なのです。そして受付も前日。仕事だったので自分でできなかったのですが、さすがハルヒル!代理受付ができるのです。 それだけでなく高崎駅でも受付できるほか、下山時に必要なウィンドブレーカーやタオルなどの荷物も前日に預け入れをすることができて、とても便利なのです。前日の会場ではポタガールリーダーの絹代さんがMCを務めるトークイベントや、自転車グッズのブースなどで賑わっていたようです。 地元グルメも盛りだくさん。 さおりんや橋本さんも受付完了。 泊まった駅前のホテルではロビーに自転車を置かせてもらいました(もちろん鍵は二重ロックです!)。他のホテルでは輪行袋に入れて部屋に持ち込むことになっていたりするので、事前に確認しておくとスムーズですね。 部屋に着いたら次の日の荷物を1:身につけるもの、2:下山用リュックに入れるもの、3:ロッカーに預けるものに仕分けて、一刻も早くベットへZzz。レースの朝は早いのです。 レース当日は夜明け前の早朝4時30分に橋本さんと合流。会場まで1時間ほどの距離を自転車で向かいます。走りたくない方には高崎駅から送迎バスも出ていて自転車も一緒にトラックで運んでくれるのです。まさに至れり尽くせりですね。 会場に到着すると、ものすごい数の人にビックリ!約7500台の自転車が並ぶ様子は圧巻でした。 さおりんとも無事合流。レースに向けて気合十分!? 下山用リュックを預けたら私たちはスタートの時間まで会場を探検。参加者の中には体が冷えないようにストレッチをしたり、周辺を自転車で走ってくる人もいるようです。 そして7時にレーススタート。事前に申告していた予想タイムに沿ってグループごとにスタートしていくので12000番台の私は後の方。 ...
さらに読む

行田市バスターミナル観光案内所オープニングセレモニー

ここ行田市は、埼玉県の北部に位置し県名発祥の地なんです。「さきたま古墳群」をはじめ、古代蓮の群生地「古代蓮の里」、映画「のぼうの城」の舞台となった「忍城」など観光スポットが盛だくさん。土地の高低差がほとんど無いので、ポタリングに最適な街!そんな行田市にバスターミナル観光案内所が新しくオープンし、そのオープニングセレモニーに参加させて頂きました。 セレモニーの中では自転車愛好家として私が挨拶をさせて頂き、今年から新しくポタガールの仲間入りしたReiさんがテープカットをさせて頂きました。 この観光案内所では、無料でサイクルラックやパソコンが利用でき、Free wi-fiも完備しています。もちろん市内の観光マップやお勧めポタリングマップもGETできます。 ポタリングマップは、走行で特に注意すべき場所の記載がされており、とても便利です。 そして、こちらの一番の魅力は、レンタサイクルが無料なこと!レンタルできる自転車はクロスバイク5台・電動自転車10台(電動自転車は1日500円)・子供乗せ自転車2人乗り3台・3人乗り2台となっていて、小さいお子様がいるファミリーでも皆さんでポタリングしながら観光ができます。なんとクロスバイクは、埼玉県越谷市に本社がある「ホダカ株式会社」の新製品NESTOが借りられるんです。実際に試乗してみましたが、ギアもたくさんあるので、思った以上にスムーズです。タイヤも細すぎず・太すぎずで安定感があり、普段、スポーツサイクルに乗らない方でも安心して乗れる自転車です。 セレモニーも終わり、お隣の「水城公園」をのぞいて見ると年に1度の「ぼんぼん祭り」がちょうど開催中でした。 お茶会が開催されており、公園内にある200本もの満開の桜を見ながらお茶を楽しみました。 フリーマーケットや地元のB級グルメの出店などもあり、行田に来ると必ず食べる「ゼリーフライ」も頂きました。 また、戦国時代の武将達をモデルにした「忍城おもてなし甲冑隊」の演舞パフォーマンスもありとっても賑わっていました。 行田市はお祭りなどのイベントも多いし、他の土地では見ることが出来ない観光スポットやグルメなど、魅力がたくさん詰まっている場所なので、是非!訪れてみて下さい。 ...
さらに読む

自転車のまち“あげお”スマート・サイクル☆フェスタ

こんにちは!ポタガールの小島利恵です。 3月26日(土)に上尾市で「自転車のまち“あげお”スマート・サイクル☆フェスタ」が開催されました。 私もポタガールとして、準備からお手伝いしているイベントなので、思い入れは半端じゃありません(笑)メイン会場は丸山公園で、「自転車に乗る人も乗らない人も楽しんでもらいたい!」という趣旨で、今年で3回目を迎えました。 上尾市内約16キロのコースを休憩(飲食)やお買い物をしながら巡るスタンプラリーをはじめ、近隣市も巡るスタンプラリー&ロングコース、自転車教室や自転車試乗会、ストライダー体験、ステージイベントにグルメと盛りだくさんのイベントでした。 午前中私は、「オリンピアンとポタガールと一緒に走ろう」スタンプラリー&ロングコースに参加しました。少し肌寒く感じる気温でしたが、走り初めてしまえば気になりません。市内のスタンプラリーコースを抜けて、市外へ伸びているロングコースに向かいます。今回のロングコースは、上尾市近辺の桜の名所を巡るというもので、鴻巣の御成橋まで行って戻ってくるコースでした。  途中、北本の石戸蒲ザクラに寄ったのですが、まだ時期が早かったようです。  今回は荒川サイクリングロードでの走行が中心のコースだったので、結構走りやすかったと思います。荒川サイクリングロードは、荒川の両岸にあるのんですが、行きは左岸、帰りは右岸を通ってきました。  サイクリングは、3グループに分かれて走りましたが、各グループ楽しめたようです。私は第1グループで走行しましたが、コース途中でブリヂストンサイクルの藤田さんと合流し、さすが!元オリンピック選手‼️と思わずにはいられない走りを目の当たりにすることができました。 今年の桜はお終いですが、来年に向けて、コ-スを載せておきます。 (コースマップ) 午後は、仮装スタンプラリー。 今年はキクミミさんとふっかちゃん、ポタガールの4人とそのお友達が参加しました。 私はポタガール橋本さんとチアガールの仮装をして、のんびりとスタンプラリーを楽しみました。 午前中のサイクリングでは、お店の前を通っただけで、寄り道できなかったけれど、カレーパンやお団子、ジェラートを食べたりと、午後は食い倒れポタリングでした(笑) 会場では、ステージイベントが盛りだくさんでした。 ...
さらに読む

しまなみ海道 橋めぐり

こんにちは。ポタガール小島利恵です。 7月の3連休に「しまなみ海道」を走ってきました。しまなみ海道とは、広島県尾道市から向島・因島・生口島・大三島・伯方島・大島などを経て愛媛県今治市までを結ぶ西瀬戸自動車道の愛称です。 ポタガールをはじめ、多くのサイクリストがよく訪れているしまなみ海道ですが、今回は橋めぐりをテーマにレポートします! 【アプローチ】 アプローチからトラブル発生。 四国に台風11号が接近。当初、東京(有明港)から徳島へフェリーで移動する予定でしたが、出発前日にフェリーの欠航がきまり、急きょ車で現地入りするとに。。。 台風が通過したら、四国方面への道路交通網は大丈夫だろうと考えたのが大誤算で、高速道路が宝塚でストップ!! やむなく宝塚で高速をおりて宿を探すものの、あいにくの天気でホテルはとれず、急遽サウナに宿泊!!サウナが女子力満点で、癒されました。 【しまなみ海道1日目】 翌朝。雨はあがり、今日こそ、しまなみ!!と車で尾道を目指します。途中、吉備サービスエリアで腹ごしらえ。 そろそろ尾道だ! 尾道といえば、自転車乗りに有名な「ONOMICHI U2」です。ホテルのほか、GIANTショップ、レストラン、お土産をいろいろ買えるセレクトショップも併設。 ちょっと前にポタガールのさおりんとまさみんがONOMICHI U2へお邪魔していたので、ポタガールジャージを着て店内をフラフラしていると ...
さらに読む

「第2回 ツール・ド・いわき2015」レポート!

こんにちは、ポタガールの後口沙織です。 11月1日に開催された「第2回 ツール・ド・いわき2015」に参加してきました。 開催場所は福島県いわき市。 このイベントは、『いわきの今を風とともに自転車で感じて走ろう!東日本復興支援がんばっぺいわき!ロングライドで復興を応援!』がテーマです。 実は私、昨年の第1回イベントにも参加していて、今回が2回目の参加になります。 メイン会場は『小名浜アクアマリンパーク』。6時半に会場に到着しましたが、既にたくさんの参加者が! 天気も良く、絶好の自転車日和でした。しかし、ここは東北。朝の冷え込みは厳しい・・・。 このイベントはショートコース30km、ミドルコース60km、ロングコース120kmの3コースあり、ファミリーからサイクリストまで幅広い層が楽しめるようになっています。私はロングコース120kmにエントリーしました。昨年もロングコース120kmを走ったのですが、海も山もエイドステーションも充実したコースです。 受付を済ませた頃、ステージでは福島県いわき市のご当地アイドル★アイくるガールズ★のライブが始まりました!! 朝から歌って踊って♪とってもパワフルな彼女達にパワーをもらいました。 スタートは7時30分!昨年は、最後尾からスタートして、ゴールしたのは制限時間ギリギリ!最後は焦りながらゴールしたというちょっとヒャッとした経験があったので、今年は最後尾からのスタートはちょっとヤダなぁ~と思っていたら、やっぱり今回の出走順も最後尾からでした。少し最初から飛ばしていかないといけないかな・・・。 前回の経験を糧に、最初から飛ばしていこう!と走りだすも、街中のコースは信号に引っかかり時間ロス・・・。スタートから約20km地点の第1エイド『遠野興産駐車場』ではスタンプラリーのスタンプだけ押してすぐ出発! 第1エイドから第2エイドまでの約13kmは下り基調なのでスピードも乗って走りやすかったです。 スタートから約33km地点。第2エイド『湯本中央通り』では、豪華!カニ汁をいただきました!カニの出汁がものすごく出ていて最高〜!心と身体に沁み渡りました。 ...
さらに読む
Loading...