競馬予想|ダイヤモンドステークスの過去優勝馬・歴史

ダイヤモンドステークス

ダイヤモンドステークス 開催競馬場は当初は中山競馬場で行われていましたが、1987年から東京競馬場で開催されるようになりました。 また距離も、当初は2600m、1965年から3200m、2004年には3400mと徐々に延長されて、日本中央競馬会のレースでは【ステイヤーズステークス】に次ぐ長距離となっています。 東京競馬場の芝3400mで行われる本レースは、東京競馬場の最長距離で長距離馬が戦うマラソンレースと言えます。 負担重量も創設時は別定でしたが、1952年からハンデキャップ戦となっています。 ダイヤモンドステークスの年表 1951年 現4歳以上の馬による重賞レースとして第一回が中山競馬場の芝2600mで開催される。 1952年 負担重量がハンデキャップに変更される。 1953年 副称【皇太子殿下御成婚祝賀】を付けて開催される。 1956年 東京競馬場の芝2500mで開催される。 1972年 馬インフルエンザにより5月21日に開催される。 1981年~ 1983年 東京競馬場の芝3200mで開催される。 1984年 GⅢに格付けされる。 1984年~1986年 中山競馬場の芝3200mで開催される。 1987年 この年から東京競馬場の芝3200mで開催されるようになった。 1992年 外国産馬が出走可能になる。 2001年 競走条件を4歳以上の馬に変更される。 2003年 中山競馬場の芝3200mで開催される。 […]

札幌競馬場の歩み・歴代優勝馬・コース情報・歴史

Sapporo keibajyo

札幌競馬場の歴史 1883年 札幌区長は、中島に公園を設けることを要望し札幌県はこれを許可した。 1886年 中島遊園地が設置された。札幌県、函館県、根室県の3県が廃止され北海道が置かれたが、偕楽園内にあった札幌育種場競馬場は廃止され、競馬場は中島遊園地に移転された。 1887年 外国人の獣医師エドウィン・ダンが競馬場を設計し中島遊園地競馬場が完成した。1周は、950m、コース幅は14.5mの競馬場で左回り。馬場の一部は鴨々川にかかるため橋を架けた。 1905年 日本政府は馬匹の改良を促す目的で馬券を黙許することとなった。翌年・よく翌年と日本中に競馬会と競馬場が林立した。 1907年 馬券黙許される法人の規定として1マイル(1600m)のコース長をもつ競馬場が必要になった。 中島遊園地競馬場では大きさが足りず、札幌の北西にある子取川農場地にコース長1マイル、コース幅38mの競馬場を新設・移転することになった。 現在の札幌競馬場です。これによって中島遊園地競馬場は廃止されることになった。 1971年 旧メインスタンド竣工。 2014年 7月8日新スタンド竣工。 札幌競馬場のコース紹介 コースは右回り、芝、ダート、ともに起伏は設けられておらず、ほぼ平坦なつくりの馬場です。 コースは楕円形ではなく、ほぼ丸型に近くなっています。 芝コースの1周距離は1640.9mとローカル競馬場のなかでは標準以上の大きさがあるのに、4コーナーからゴール板までの距離266.1mは、短い。札幌競馬場の4つのコーナーは、すべて半径が大きく、緩やかで大きなカーブで構成されている。 コースの全長の中で、直線は短くコーナー部分が長くなっています。 函館競馬場と同様に芝コースがオール洋芝であることも札幌競馬場の特徴のひとつ、洋芝は北海道以外の競馬場のベースに使われている野芝に比べ、寒冷な気候に強い、芝のマット層による保水性が高い、耐久性はやや見劣るなどの特性を持っている。品種の違いに由来してか、野芝がベースの競馬場より走破時計は若干おそくなります、少し時間がかかる北海道の芝コースを得意にしている馬は、近走の成績によらず警戒が必要です。 札幌競馬場の芝コースは水はけが抜群で、馬場状態が重になることは滅多になく、不良になったことはない。雨に影響を受けにくい競馬場です。 札幌競馬場のコースデータ 芝コース 高低差 発走距離 0.7m 1000m、1200m、1500m1800m、2000m、2600m コース 1周距離 幅員 直線距離 A 1640.9m 25~27m […]

阪神競馬場の歴史 ・歴代優勝馬・コース情報・歴史

Hanshin keibajyo

阪神競馬場の歴史 1907年関西競馬倶楽部によって開催された西浜の関西競馬倶楽部競馬場と鳴尾速歩競馬会によって開催された東浜の関西速歩競馬場がルーツ。(この2つの競馬場を総称し、鳴尾競馬場と呼んだ)馬券発売禁止時代この両倶楽部が合併し阪神競馬倶楽部となった。 1937年日本競馬会阪神競馬場と改称。 1943年海軍が軍用機の試験飛行を実施するための飛行場として競馬場用地の徴用応じ、この年の開催を最後に終了した。 日本競馬会では、独自に競馬場用地を取得する予算もなく仁川の旧川西航空機宝塚工場跡地の払下げを受けて西日本競馬振興会に競馬会側が協力し、まず同地に仮設の競馬場を建設し、それを競馬会側が賃借することで合意した。 1949年12月3日大回阪神競馬が開催された。阪神競馬場の人気は振るわなかった。 1955年日本中央競馬会設立。障害競走専用コースを設置 1959年スタンドの増築完成。1962年と1966年に再増築された。 1986年ターフビジョンの設置。 1991年11月20日スタンドの全面改築が完成。 1995年1月17日兵庫県南部地震(阪神・淡路大震災)で壊滅的被害を受ける。   1995年12月2日大震災から11月ぶりに競馬が再開された。 2009年12月5日ハイビジョン対応2面マルチターフビジョンで映像提供を開始した。 阪神競馬場のコース 芝コース 内回り コース 1周距離 幅員 直線距離 高低差 発走距離 A 1689M 24~28M 356.5M 1.9M 1200M、1400M、2000M、2200M3000M、3200M(外・内) B 1713.2M 20~25M […]

チャンピオンズカップの歩み ・歴代優勝馬・コース情報・歴史

Champions cup

チャンピオンズカップの創設の経緯 日本では1970年代より世界に通用する強い馬作りが提唱され、1981年に芝2400mのジャパンカップが創設された。 その後1995年より中央競馬と地方競馬の交流が飛躍的に拡大されるようになると、所属を超えたダートの重賞レースが注目されるようになり、ジャパンカップと並ぶダートの国際競争を開催しようという気運が高まり、2000年に日本初のダート国際招待競走ジャパンカップダートが東京競馬場のダート2100mで創設された。 ジャパンカップダートは2007年までジャパンカップの前日に開催されていたが、2008年から開催時期を繰り下げ、阪神競馬場の1800mに変更された。 2014年から中京競馬場の1800mダートに変更され名称もチャンピオンズカップに変更され、国際招待性も廃止され関係者の遠征にかかる諸費用をJRAが負担しない国際競争となった。 出走条件(出走可能頭数16頭) ・サラ系3歳以上 ・JRA所属馬 ・地方競馬所属馬(JRA選定馬のみ) ・外国調教馬(最大8頭まで) ・負担重量 定量(3歳56kg、開催日が12月1日以前の場合55kg)4歳以上57kg、牝馬2kg減 チャンピオンズカップの優先出走権を与えられる条件 ・出馬投票を行っている外国調教馬 ・レーティング上位の5頭 ・当該年に行われる以下の競走のいずれかで1着となった馬 みやこステークス GⅢ 京都競馬場 ダート1800m 武蔵野ステークス GⅢ 東京競馬場 ダート1600m チャンピオンズカップの賞金 1着 1億円 2着 4000万円 3着 2500万円 4着 1500万円 5着 1000万円 チャンピオンズカップのコース 1周距離 幅員 直線距離 高低差 距離 1530m […]

菊花賞の歴史・京都競馬場の重賞レースとは

Kikkasyo

菊花賞 重賞三冠競走の皐月賞は最も速い馬が勝つ、日本ダービーは最も運のある馬が勝つ、菊花賞は最も強い馬が勝つといわれています。 出走資格馬は3歳牡馬・牝馬でせん馬(去勢馬)は出走できません。 レース出走条件(出走可能頭数 18頭) ・サラ系3歳牡馬・牝馬 ・JRA所属馬(外国産馬含む、未勝利馬・未出走馬除く) ・地方競走馬 ・負担重量(牡馬57kg、牝馬55kg) 第1回、第2回は牡馬55kg、牝馬53kg、第3回~第6回は牡馬57kg、牝馬55.5kg 菊花賞の賞金 1着 1億2000万円 2着 4800万円 3着 3000万円 4着 1800万円 5着1200万円  菊花賞の歴史 ・1938年 4歳牡馬・牝馬により京都農林省賞典4歳呼馬として創設。 ・1943年 レース名を京都農商省賞典4歳呼馬に変更 ・1946年 レース名を農林省賞典4歳馬に変更 ・1948年 レース名を菊花賞に変更 ・1984年 グレード制によりGⅠ ・2001年 馬齢表記を国際基準へ変更したため、出走条件を3歳牡馬・牝馬に変更。 ・2010年 国際競争に指定され、外国調教馬・外国産馬が9頭まで出走可能。 菊花賞のコース 【芝3000m】 京都競馬場の芝コースの名物と言えるのが、3コーナの坂です。 コースの高低差は4.3mのも及び向正面の半ばから3コーナーにかけて上り、4コーナーにかけて一気に下るレイアウト。勾配がつけられているのは3コーナー付近だけ、それ以外は平坦という起伏の構成も非常にユニークです。 以前はゆっくり上り、ゆっくり下るのが鉄則でしたが、近年は坂の下りで惰性をつけて平坦な直線に向く戦法がすっかり浸透し坂の頂上付近にあたる残り800m地点からペースが上がるレースが多い。 菊花賞は3000mの長距離戦、自然に勢いがついてしまう1周目の下り坂、スタンドから大歓声を浴びるホームストレッチと続く場面で、スタミナを温存できるかが重要なポイントになります。 コース 高低差 […]

京都競馬場の歩み・歴代優勝馬・コース情報・歴史

Kyoto keibajyo

京都競馬場の歴史 1925年京都市伏見区淀に京都競馬場を移転 1936年鉄筋コンクリート製の収容人数25000名を誇る大スタンドが竣工。芝外回りコース新設。 1943年金属回収令により、大スタンドの屋根を撤去。 1959年大スタンドの屋根を復旧。 1970年栗東トレーニングセンター開設に伴い厩舎が競馬場から移転。 1971年ダートコース新設。 1979年~1980年スタンド改築工事のためレースは他の競馬場へ振替。 1990年第2コーナーのポケットを約200m延伸 1999年新スタンドビッグスワンが完成 2009年NO.2ゲートの工事完了し、名称をステーションゲートととし、NO.1ゲートをシンザンゲートとする。 2019年京都競馬場は2025年に開設100周年を迎える、その記念事業の一環でスタンド等の改修で2020年11月から2023年3月まで京都競馬場の開催が休止。 *シンザンゲ-トには、日本競馬史上2頭目の三冠馬シンザンの銅像が蹄鉄とともに飾られている。シンザンは京都競馬場の武田厩舎所属であった。 *1995年京都競馬場で代替開催された宝塚記念で大怪我をしその後、馬場で命を落としたライスシャワーの碑が馬頭観音の隣にある。 京都競馬場のコース 芝コース 芝コースは第3コーナーで内回りと外回りに分岐し。第4コーナーで合流する。第2コーナーの奥にはバックストレッチに連なる長い引き込み線があり、1600m(内回り)や1800mでは奥深い地点からスタートする。 最大の特徴は第3コーナー付近にある坂、高低差4.3m(内回りコースは3.1m)ある。 起伏があるのはこの部分だけで、他は直線も含めば平坦です。要は(第3コーナーに小高い丘が設けられている競馬場)とイメージすれば分かりやすい。 かつては「ゆっくり上り、ゆっくり下るのが鉄則」とされてこの坂ですが、近年は坂の下りで惰性をつけて平坦な直線に向かう戦法がすっかり浸透し、坂の頂上付近にあたる残り800m地点からペースが上がるレースが多い。 しかし3000m級の長距離戦では、自然に勢いがついてしまう1周目の坂の下り~スタンドの大歓声を浴びるホームストレッチと続く場面で、折り合いを乱さずスタミナを温存できるかがポイントとなります。 距離設定 ・内回りのみ 1100m、1200m ・外回りのみ 1800m、2200m、2400m、3000m、3200m、 ・内回り・外回りともに 1400m、1600m、2000m ダートコース ダートコースの1周距離は東京競馬場に次いで大きいが、直線は阪神競馬場や新潟競馬場より短い。やはり芝コース同様に、ダートコースも第3コーナー付近に坂があり、これ以外は平坦です。 ・距離設定 1000m。1100m、1200m、1400m、1800m、1900m、2600m 障害コース 障害コースは平地と同様の順回りのみで、第3コーナー手前から2つのコースに分岐する。 […]

東京競馬場の歩み・歴代優勝馬・コース情報・歴史

Tokyo keibajyo

東京競馬場の歴史 東京競馬場の前進は目黒競馬場です。 1907年に目黒競馬場は開設されたが、借地料の増加や競馬人気で手狭になった等の理由で府中町に移転することになった。 1933年11月8日東京競馬場は開場した。 移転した東京競馬場の総面積は目黒競馬場の3倍以上になった。 目黒競馬場は完全閉場となった。 1937年日本競馬会が設立された。日本競馬会東京競馬場となった。 1944年横浜競馬場閉鎖。 1945年東京競馬場は陸軍燃料廠に貸与される。東京競馬場は閉鎖される。 1946年軍から東京競馬場は返還され10月17日から競馬は再開される。 1947年それまで阪神で開催されていた優駿牝馬特別(オークス)が東京で開催された。 1948年独占禁止法によって日本競馬会は解散。日本競馬会の9ヶ所の競馬場は国営競馬となる。 1954年新競馬法によって日本中央競馬会が発足。東京競馬場は日本中央競馬会東京競馬場となる。 1957年11月19日1号館新館(万歳館)完成。 1961年ダートコースの使用開始。 1968年6月4日スタンド改築工事竣工。 1978年東京競馬場の厩舎は新設なった美浦トレーニングセンターに移動した。 2000年東京競馬場スタンド改築等施設整備計画を発表して、工事を3期に分けての改築を行うことになった。 2005年4月に完成したスタンド改修工事 2007年4月スタンド改修工事3期分が終了。新スタンドが全面完成した。 重賞レース G1レース フェブラリーステークス、東京優駿(日本ダービー)、NHKマイルカップ、安田記念、 ヴィクトリアマイル、天皇賞(秋)、優駿牝馬(オークス)、ジャパンカップ、 GⅡレース フローラステークス、府中牝馬ステークス、青葉賞、富士ステークス、京王杯スプリング カップ、京王杯2歳ステークス、目黒記念、アルゼンチン共和国杯、毎日王杯、 GⅢレース 根岸ステークス、ユニコーンステークス、東京新聞杯、サウジアラビアロイヤルカップ、 クイーンカップ、アルテミスステークス、共同通信杯、武蔵野ステークス、ダイヤモンドステークス、東京スポーツ杯2歳ステークス、エプソムカップ […]

เกมคาสิโนออนไลน์ SA Gaming มือถือ เล่นสนุก ตลอด 24 ชั่วโมง

เกมคาสิโนออนไลน์ SA Gaming มือถือ เล่นสนุก ตลอด 24 ชั่วโมง

มีความคิดสร้างสรรค์และความพยายามที่หลากหลายเมื่อพูดถึงการพัฒนาคาสิโนออนไลน์ ในฐานะผู้เล่นคุณอาจสงสัยว่าทำไมคุณถึงติดเกมออนไลน์ดังกล่าว ตอนแรกคุณสงสัยว่าทำไมคุณถึงเข้ามาในสถานที่ที่คนอื่นเรียกมันว่าเป็นการขโมยเงิน อย่างไรก็ตามคุณมีแนวคิดอีกด้านหนึ่งเกี่ยวกับคาสิโนออนไลน์ซึ่งเป็นสิ่งที่ทำเงิน ตอนนี้คาสิโนออนไลน์นี้เป็นอย่างไร? มีความแตกต่างกันมากเมื่อพูดถึงคาสิโนออนไลน์กับคาสิโนจริง อาจฟังดูสงสัยสำหรับคุณ แต่คุณต้องยอมรับความจริงที่ว่าคาสิโนออนไลน์มีบางสิ่งที่มากกว่าคาสิโนจริงสามารถให้ได้ SA Game คาสิโนออนไลน์เป็นอินเทอร์เฟซการเล่นและเดิมพันแบบพิเศษ เกมคาสิโนออนไลน์ เป็นสมาชิกของสโมสร ในฐานะผู้เล่นคาสิโนคุณคุ้นเคยกับคลับคาสิโนมาก เช่นเดียวกับคลับคาสิโนอื่น ๆ SA Gaming มีอะไรที่มากกว่าคาสิโนทั่วไปที่คุณเข้าร่วม ผู้เล่นต้องเป็นสมาชิกของคลับคาสิโนก่อนจึงจะสามารถเล่นเกมคาสิโนได้ คุณอาจเป็นคนแปลกหน้าถ้าคุณเข้ามาในคาสิโนโดยไม่ได้เป็นสมาชิกของคาสิโนคลับ ในการเป็นสมาชิกคุณต้องผ่านขั้นตอนการลงทะเบียน สำหรับขั้นตอนการลงทะเบียนไม่จำเป็นต้องมีรายละเอียดที่สำคัญใด ๆ สำหรับคุณ แต่จะต้องมีเพียงชื่อและที่ตั้งของคุณเท่านั้น หลังจากเสร็จสิ้นการลงทะเบียนจะมีการส่งการยืนยันถึงคุณเพื่อให้คุณเป็นผู้ใช้ที่ได้รับการยืนยันของสโมสร เข้าถึงได้ง่าย – ไม่เสียค่าใช้จ่าย […]

ขั้นตอนการเดิมพันแทงบอลออนไลน์ พนันบอลออนไลน์ LuckyNiki มีอะไรบ้าง?

ขั้นตอนการเดิมพันแทงบอลออนไลน์ พนันบอลออนไลน์ LuckyNiki มีอะไรบ้าง?

เมื่อคุณสนใจที่จะเดิมพันกีฬาแทงบอลออนไลน์มีหลายทางเลือก นั่นคือคุณจะสามารถทำได้ในเวอร์ชันออฟไลน์และออนไลน์ แต่นักพนันส่วนใหญ่ชอบเดิมพันกีฬาทางอินเทอร์เน็ตผ่านรูปแบบดั้งเดิม นี่เป็นเพราะความสะดวกสบายที่พวกเขาไปถึงที่นั่นมากกว่าตัวแทนรับแทงตามที่ดิน มันง่ายมากสำหรับคุณในการเปิดบัญชีและวางเดิมพันบนเว็บ คู่มือนี้จะช่วยให้ผู้เล่นที่ไม่เคยเดิมพันกีฬาออนไลน์มาก่อน ด้วยการเดิมพันเวอร์ชันออนไลน์เราสามารถวางเดิมพันกีฬาใด ๆ จากอุปกรณ์อัจฉริยะใดก็ได้ที่มีการเชื่อมต่ออินเทอร์เน็ต หากคุณสนใจที่จะวางเดิมพันฟุตบอลบนอินเทอร์เน็ตคุณควรทำตามขั้นตอนที่ระบุไว้: การเดิมพันแทงบอลออนไลน์ พนันบอลออนไลน์ ขั้นตอนแรกคือการเลือกเว็บไซต์ LuckyNiki ที่ดีที่ให้คุณเดิมพันการแข่งขันฟุตบอล เมื่อคุณเลือกเว็บไซต์คุณต้องถามคำถามสองสามข้อและเมื่อคำตอบสำหรับคำถามเหล่านั้นตรงใจคุณขอแนะนำให้เลือกเว็บไซต์ที่จะเดิมพัน ข้อพิจารณาบางประการที่สามารถช่วยคุณในการตัดสินใจมีดังนี้: เว็บไซต์นี้มีชื่อเสียงหรือไม่? คุณสามารถเล่นพนันกีฬาอะไรได้บ้าง? คุณสามารถชำระเงินด้วยวิธีต่างๆได้หรือไม่? เป็นไปได้ไหมที่จะเดิมพันจากอุปกรณ์ใด ๆ ? มีตัวเลือกสำหรับการเดิมพันสดหรือไม่? อัตราต่อรองสูงขึ้นและดีขึ้นหรือไม่? หลังจากนั้นคุณต้องเปิดบัญชีในไซต์ที่ตอบสนองความต้องการและความต้องการทั้งหมดของคุณ สำหรับการลงชื่อเข้าใช้ไซต์คุณต้องเสนอรายละเอียดของคุณซึ่งรวมถึง: ชื่อ อายุ ที่อยู่ […]

安田記念の歩み・歴代優勝馬・コース情報・歴史

Keiba

安田記念の歴史 1951年 4歳以上の馬によるハンデキャップレースとして、安田賞の名で創設。 1958年 レース名を安田記念に変更。 1984年 グレード制施行になり格付けが、GⅠへ。競走条件を5歳以上に変更。外国産馬が出走可能になる。 1993年 国際競争に変更になり、外国調教馬が5頭まで出走可能。 1995年 地方競馬所属馬が出走可能。 2001年 馬齢表示の国際基準に変更、競走条件を3歳以上に変更。 2005年 外国調教馬の出走枠が9頭になる。 2014年 トライアル制を確立し、指定されたレースの1着馬に優先出走。 2020年 新型コロナウイルス感染拡大防止のため無観客競馬として開催。 安田記念のコース紹介 直線は525.9m、向正面直線の右奥がスタート地点で、最初の3コーナーまでの距離は約542m(コースA)3コーナーの手前に高低差1.5mの上り坂、3~4コーナーは、緩やかなカーブ最後の直線途中に高低差2.1mの上り坂が設置されている。 この坂を上り切った後も、300m走ってようやくゴールにたどり着く。タフでハードなコースです。 馬の能力がストレートに反映されやすいコースです。 賞金 1着 1億3000万円 2着 5200万円 3着 3300万円 4着 2000万円 5着 1300万円 安田記念の歴代優勝馬 […]